肌タイプ

肌タイプというものを知っておきましょう!

肌タイプ 

 

肌は大きく分類すると、「ふつう肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」「敏感肌」に分けられます。

 

それぞれのバリエーションによって必要なケアが変わるので、まずは自分の肌がどのバリエーションに当たるかをわかることが重要です。

 

自分では「スキンケア」のつもりで一生懸命やっていたことが、肌材質に合わないケアを講じるせいで、肌に余計な負担をかけて仕舞うケースが多いようです。自分の肌バリエーションに合わせた必要なケアをしていきましょう。

 

簡単にわかる、肌バリエーション診療法!

 

ここでは簡単にできる肌バリエーション診療法をご紹介します。スキームはシンプルで、普段通りに洗顔してから化粧水など何もつけずに見逃します。そして肌の階段を見ながら、肌のつっぱり感が自然に絶えるまでの長さを見ます。

 

  • 脂性肌・・・20分以下
  • 平凡肌・・・30分以下
  • 乾燥肌・・・40分以下

 

 

ただし、敏感肌についてはこの方法ではわかりません。肌荒れや面皰など肌トラブルを齎しやすかったり危険の生じる輩は、アレルギーや敏感肌の可能性があるので、皮膚科へ相談してみるとよいでしょう。また、肌バリエーションは変化するので、定期的に確認してみるとよいと思います。水分かさや油分かさなど、細かく肌吟味がもらえる用品を有る薬局があるので、それらを利用するのも推奨です。

 

肌バリエーション+αでぴったりのコスメを!

 

自分の肌バリエーションがわかると、コスメ選択も大きく変わって来る。敏感肌やアトピーの輩は、まずは皮膚科への申請をして、肌にソフトものを。「脂性肌」「普通肌」「乾燥肌」の輩は、それぞれの肌材質に合わせたケアをして肌本来の持つ力を活かしながら、コスメで足りない部分をまかなうという個性がよいでしょう。

 

また「保湿をしっかりしたほうがよさそう」とか「脂分が足りないかも」など、日々の肌様相に合わせたケアもキーポイントです。自分のお肌の条件をみて、足りない部分を補うという原則を、まずは押さえて下さい。

 

コスメ選択も、自分の肌で観る

 

度年、初々しいスキンケア物が続々と誕生しています。コマーシャルで馴染みのあるものや、クチコミで一大ものを手にとってみるのもいいのですが、コスメ選択で最も大切なのは、「自分の肌に合っているかどうか」です。そのためにも、まずは自分のお肌のことを分かることが肝心です。「やっぱり」で選ぶのではなく、バッチリ選んで当てはまるものを使いましょう。