夜のスキンケア

夜のスキンケアで注意するべきこととは!?

夜のスキンケア 

 

熟睡前のスキンケアをただちょっと行っているという方も多いのではないでしょうか。そこで、今さら聞けない夜のスキンケア施術をおさらいしていきましょう。

 

夜のスキンケアの施術

 

夜のスキンケアの基本は、

 

クレンジング→洗顔→(リミットケア)→化粧水→美容液→乳液→クリーム

 

という順番でケアを行います。以下では、それぞれのケアのポイントについてコメント行なう。

 

・クレンジング…マッサージするようにメイクと馴染ませ、落とします。落ちにくいアイメイクはポイント用のクレンジングを使いましょう。

 

・洗顔…クレンジングの後は、洗顔料を使ってW洗顔を。メイクの汚れを落とした上ですので、挑発の硬い洗顔料は除け、ぐっすり泡立ててから流しましょう。意外と低挑発なアミノ酸系統やグルコシド系の位酸性の洗顔料の使用が相応しいです。

 

・リミットケア…マッサージや企画などのリミットケアは、洗顔後に行います。(ただし、使用回数や回数、くだりに具体的な施術が書かれてある場合はそちらにしたがって下さい。)

 

・化粧水…汚れを落とした清潔な肌にうるおいを与えます。乾燥が気になるときはコットンを使った化粧水企画などで、めっちゃ水分を服用ください。

 

・美容液…保湿成分は当然、シワや変色、美白など肌憂慮に当てはまる美成分が配合されているものを使用しましょう。

 

・乳液・クリーム…与えた水分をきちんと押し込めるために、乳液やクリームを塗ります。乳液は油分と水分の両者を「与える」ことが意義なのに対して、クリームは外からの刺激から肌を「保護する」ことが意義です。そのため、乳液の後にクリームでふたをするのが好ましいです。また、寝ている間に日内側のストレスを回復し、肌の生まれ変わりをサポートする夜専用のナイトクリームでケアするのも奨励です。

 

朝方と夜のスキンケアとの誤差やポイント

 

朝方のスキンケアは、UVや乾燥、ホコリといった日中に浴びる外的刺激から肌を続けることを意識したケアがトップです。一方、夜のスキンケアでは、日中に受けたストレスから肌をいたわり、蘇生を促すケアが中心となります。

 

そのため、夜のスキンケアでは、肌の不安と陥る不衛生をよく落として、養分やうるおいを腹いっぱい送ることが大切です。また、肌を回復させるゴールデンタイムを使いこなすためには睡眠も重要なポイントです。良質な睡眠を無くなるように、睡眠前にはバス時間や光線、香りのフレグランスなどを活用して、昼の高ぶった心を休めましょう。

 

洗顔やメイク落としの時間は?

 

クレンジングや洗顔は、バス時間を活用しましょう。健康が温まると毛穴が解き放ち易く、汗と一緒に不衛生や皮脂も放出されやすくなるため、毛穴の深層の不衛生まできちん取り除けます。

 

また、洗う順位も生です。クレンジング後は、シャンプー→健康→洗顔の順に行いましょう。洗いやトリートメントは肌に空白傾向ですので、ヘアケアは最初に済ませてしまいましょう。